この秋、ジバンシィはブランドの歴史や伝統を投影した特別なカプセルコレクション 「Givenchy Atelier」を発表。阪急うめだ本店で期間限定発売する。 ユベール・ド・ジバンシィがブランドを創業して以来、メゾンを支えてきた職人たちのクラフツマンシップに敬意を表し生まれた「Givenchy Atelier」は、ジバンシィが誇るオートクチュール技術を存分に感じられるラインナップ。代表的なルックを紹介する。



Givenchy Atelier ポップアップストア

期間:2019年9月18日(水)~24日(火)
場所:阪急うめだ本店1階 コトコトステージ
問合せ:ジバンシィ阪急うめだ本店 06-6313-7402


オートクチュールメゾンならではの構築的なシルエットと、モダニティが融合

1952年、ユベール・ド・ジバンシィは自身初のコレクションで、立体的なフォルムのブラウスとシンプルなスカートを組み合わせた「セパレーツ」を発表、モード界に革命を起こした。そのスピリットが息づくルックには、オートクチュールのボリュームあるシルエットと、アーティスティック・ディレクター、クレア・ワイト・ケラーの現代性が見事に溶け合っている。

[画像のクリックで拡大表示]
ヘリンボーンプリーツが施された、ふんわりと空気をはらんだボリューム袖がエレガント。透け感のあるタキシードシャツ風デザインが、マスキュリンフェミニンなムードを演出。ブラウス¥295,000/ジバンシィ(ジバンシィ阪急うめだ本店)
[画像のクリックで拡大表示]
ベーシックアイテムだからこそ、素材と仕立ての良さにこだわりたいブラックパンツ。程よいフィット感とセンタープレスがもたらす美脚シルエットが魅力の一本。パンツ¥126,000/ジバンシィ(ジバンシィ阪急うめだ本店)
[画像のクリックで拡大表示]
大きな蝶ネクタイのような取り外し可能なウィング付き、というオートクチュールメゾンらしい新解釈のバックパック。光沢を放つ上質なナイロン地に、“GIVENCHY”のタグがリュクスなアクセント。(H22.5×W18×D11cm バックパック本体) ¥210,000/ジバンシィ(ジバンシィ阪急うめだ本店)
[画像のクリックで拡大表示]
足をほっそりと美しくみせてくれる絶妙な甲のカッティング、ヒールまで覆われたギピュールレース使い、アンクルストラップに施されたダブルGロゴバックル 、シルバーに輝くインソールとアウトソール、と細部にいたるまでジバンシィの洗練された美意識が宿る一足。パンプス(ヒール10cm)¥128,000/ジバンシィ(ジバンシィ阪急うめだ本店)
[画像のクリックで拡大表示]