ワインスタイリストの藤崎聡子さんが、暑い夏にぴったりなシャンパンの楽しみ方を指南してくれる短期連載企画。第3回は、手間なく簡単に作れるのがうれしい、シャンパンと相性抜群のアペタイザーレシピを、おすすめのシャンパンとともに紹介していただいた。

トマトのお出汁マリネ

 シンプルな出汁酢を使ったお手軽マリネ。できれば冷蔵庫でひと晩寝かせて味をしみ込ませるのがベストだけれど、急ぎの場合は15分ほどでもあっさりめに仕上げられる。プチトマトではなく、大きい完熟トマトをまるまる1個漬け込んでもOK! その場合は、ひと晩寝かせるのがマスト。シャンパンと合わせるために意識してほしいポイントは、旨みがしっかり感じられるカツオ出汁と、酸味がきつすぎない米酢を使うこと。このメニューと合わせるのは、トマトの甘みを引き立ててくれる、やさしい口当たりのロゼ・シャンパンをおすすめしたい。

<材料と作り方>


プチトマト(1パック)
カツオ出汁(50㏄)
米酢(50cc)
醤油(15㏄)
チャービル(1枚)
1. ヘタを取ったトマトを湯むきする。オシリの部分、もしくはヘタを取った部分に十字の切り込みを入れるとむきやすくなる。トマトの皮がめくれてきたら氷水に入れて、ゆっくりとむく。
2. カツオ出汁、米酢、醤油の順序で回しかけ、全体になじませたら冷蔵庫で寝かす。
3. 冷蔵庫でひと晩寝かせる。盛り付けの仕上げにチャービルを飾る。

<合わせたシャンパン>

[画像のクリックで拡大表示]
マム グラン コルドン ロゼ
2017年秋に、斬新なボトルデザインとともに味わいにも新たな変化をみせたメゾンが、満を持してこの夏に新登場させたロゼ。ピノ・ノワールの使い方が器用で、果実の力強いアロマが丁寧に表現されている。熟成からくる厚みと余韻の長さが印象に残る。少し冷やしめのスタートがおすすめ。750ml ¥7400/メゾン マム(ペルノ・リカール・ジャパン TEL:03-5802-2671)

editor's voice
 プチトマトの甘みが出汁酢の酸味・塩味とマッチした、さわやかな味わいの一品。シャンパンの風味を損なわず、かつ双方の美味しさが相乗効果で高まります。シャンパンを飲むたびにさらっと口内がリセットされるので、もう1個、また1個と次々に食べ進めてしまいました!