ササミの柚子胡椒和え

 夏バテを解消するのにも、おすすめのメニュー。鶏のササミでタンパク質を摂取、柚子胡椒のインパクトで食欲増進、冷めても美味しいという一品だ。ゆでたササミを手でほぐすのが大変な場合は、薄く削ぎ切りにするのでも大丈夫。また、ササミをゆでる際に日本酒もしくはシャンパン10ccくらいと薄切りのショウガ1枚を入れると、風味が増す。合わせるシャンパンは、ドザージュ(糖分添加)ゼロのすっきりした味わいのものを。ブドウの甘みがピュアに表れているので、柚子胡椒の辛みやササミのさっぱりした味わいを、きちんと感じさせてくれる。

<材料と作り方>


鶏ササミ(2本)
柚子胡椒(適量)
刻んだ万能ねぎ(適量)
1.スジを取り、ざっくり切り込みを入れたササミをゆで、水分をふき取ってからほぐす。
2.柚子胡椒と和える。
3. 全体がよく混ざったら完成。盛り付けの仕上げに、刻んだ万能ねぎを散らす。

<合わせたシャンパン>

ローラン・ペリエ ウルトラブリュット
口に含んだ瞬間に広がる軽やかな印象は、繊細なブドウを丁寧に醸造している証。ノン・ドザージュが注目される前から造り続けているだけあって、根強い人気を誇る。美味しさのポイントは糖度の高い、完熟したブドウを使用していること。6年以上の熟成から生まれる味わいは貴重。750ml ¥12,000/ローラン・ペリエ(サントリーお客様センター TEL:0120-139-380)
[画像のクリックで拡大表示]

editor's voice
 驚くほど簡単な作り方で、あっという間にできてしまうのに、「どうしてこんなに美味しいの?」と感動しました。ササミ自体の旨みを、柚子胡椒の辛みと塩分、そして香りがぐいぐい引き立てています。撮影の際には、「なるべく簡単に」とオーダーしたためお湯だけでゆでたのですが、それでも物足りなさは感じませんでした。