夕暮れには、迫力のスティングレイ フィーディングを

[画像のクリックで拡大表示]
水上ヴィラのオーシャンバンガローからは、インド洋へ沈む美しい夕日が眺められるが、滞在中に一度は桟橋の横のビーチへ。

 フヴァフェンフシのビーチには毎日18時頃、エイが集まってくるので、驚くほど間近で観察したり、エサをやったりもできる。バシャバシャと水音を立て、羽ばたくように動くエイは、何匹も集まるとものすごい迫力。子どもだったら怖がったり大騒ぎになりそうだが、フヴァフェンフシは「16歳以下お断り」なので、夕日の中、大人だけでのんびり自然観察ができるのも魅力だ。

[画像のクリックで拡大表示]
陸に上がる勢いでエサを待つエイたち。エイの尻尾にある毒針は抜いてあるというのでご安心を。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉私には見分けがつかなかったが、エイたちにはそれぞれ名前もつけられている。〈右〉毎日、エイにエサを与えるのは、フヴァフェンフシに常駐している海洋生物学者。

死ぬまでに一度は訪れたい驚嘆の海で、心身をデトックス

[画像のクリックで拡大表示]

 海のミネラルや海洋性気候を活用したタラソテラピー(海洋療法)を引き合いに出すまでもなく、海には間違いなく、人を癒やしデトックスする力がある。私は苗字も名前も「水」系の字が入っていて、特に海に惹かれるタイプなのかもしれないが、太陽の光を受けて輝くモルディブの海を眺めているだけで、心の底からリラックスし、体の中に溜まった毒素のようなものが溶けていくのを実感した。昔に比べ、日本の海水浴場は利用者が減り、若者の「海離れ」が止まらないというが、水質汚染から遠く離れた宝物のような海、その母なる海の力を、地球に生まれたからにはぜひ体感してほしいと思う。

大人のための麗しのリゾート、フヴァフェンフシのオリジナル動画を公開

フヴァフェンフシ
North Male Atoll,PO Box 2017,Republic of Maldives
www.huvafenfushi.com

Photos:Hiro Matsui Text & Edit:Mizuho Yonekawa

バックナンバー

生まれ変わったフヴァフェンフシの全貌――遊び心あふれる「モルディブで一番リュクスなヴィラ」