仕事中にかけるメガネには、主張が強すぎないシンプルさと、知的な印象を醸し出すデザイン性、長時間着用しても疲れない快適さが重要。そこでトレンドのフレームの中から、軽さが魅力の「ワイヤー」と、透明な素材がほんのり色づいた「トランスペアレント」、一見するとオーソドックスながら外したときに個性を発揮する「内側プリント」をフィーチャー。さりげなく顔まわりに今の気分を取り入れて、ビジネススタイルをおしゃれにアップデートしよう。

世界が注目する、メイド・イン・鯖江のワイヤーフレーム

メガネフレームの国内生産量ナンバーワンを誇る、福井県鯖江市。その品質の高さと精緻な職人技は、数々の世界的ブランドからオファーがくるほど。かけていることを忘れてしまうほどに細くて軽いワイヤーフレームのなかにもブランドらしさを表現する技術力は、今回取り上げた4本にも確かに息づいている。

CHANEL
ボストンとティアドロップの中間を思わせるややシャープなフォルムが、甘すぎない凛とした表情を生みだす。ヒンジ脇にブランドシグネチャー、テンプル先端にはCCロゴがあしらわれている。メガネ¥92,000/シャネル(シャネル アイウェア事業部 TEL:03-3514-2946)
[画像のクリックで拡大表示]
Giorgio Armani
軽やかなワイヤーフレームだからこそ、上品に装えるゴールドカラーを。丸みのあるテンプルには細かい刻みが施され、滑りにくさも考えられたデザインに。メガネ¥62,000/ジョルジオ アルマーニ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス TEL:03-3514-2950)
[画像のクリックで拡大表示]
Ray-Ban
ウェリントンタイプのメガネは、アンティーク調の渋みのあるシルバーとメカニカルな印象のテンプルが、レイバンらしいマニッシュなムードを演出。メガネ¥32,000/レイバン(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス TEL:03-3514-2950)
[画像のクリックで拡大表示]
DITA
ゴールドカラーをベースに、レンズを取り巻くリム部分にブラックを組み合わせることで、まなざしを強調。大きめかつユニークな形状のスクエアシェイプが、レトロモダンなテイストを感じさせる一本。メガネ¥42,000/ディータ(ディータ 青山本店 TEL:03-6433-5892)
[画像のクリックで拡大表示]