働く女性のファッションをアップデートする着こなしやアイテムを、編集部が提案する定例企画。8月は、ビジネスシーンの必須アイテムであるバッグを特集する。第1回のテーマは、ハイブランドを代表するアイコニックな逸品。クラフツマンシップとクリエイティビティが見事に融合したバッグで、有能美人なワーキングスタイルに更新しよう。

ブランドの伝統と今が共存する、最新デザインの数々

[画像のクリックで拡大表示]

 最高の素材と技術、そしてタイムレスな魅力を発揮するデザイン性。ブランドのDNAを宿したアイコンバッグは、たとえベーシックな色合いでも、装飾が控えめであっても、やはり別格の存在感がある。確かな上質感を漂わせるラインナップから、あなたのビジネスパートナーに選ぶのはどれ?

LOUIS VUITTON
アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエールが、バッグ「デエス」と「スピーディ・ドクター」のスタイルを再解釈して生まれた、シャープなシルエットの新アイコンバッグ。グローブやスカーフを通せるフロントループが、エレガントな実用性とデザインアクセントを兼ね備える。「シティフレーム」(H23.5×W27×D14.5 cm)¥451,000/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854)
[画像のクリックで拡大表示]
GUCCI
2018年クルーズ コレクションで発表された「オフィディア」に、スクエアフォルムのトップハンドルバッグが登場。GGスプリーム キャンバスにウェブ ストライプを配したヴィンテージな雰囲気と、コンテンポラリーな魅力を併せ持った、グッチらしい美学がうかがえるデザイン。「オフィディア」(H24.5×W33×D17.5 cm)¥230,000/グッチ(グッチ ジャパン カスタマーサービス TEL:0120-88-1921)
[画像のクリックで拡大表示]
CHANEL
昨年登場した新アイコンバッグ「ガブリエル ドゥ シャネル」。硬質なボトム部分でしっかりと自立する安定感など、美しさと実用性を兼ね備えている。ゴールド&シルバーコンビのチェーンストラップなので、コーディネートの幅が広がるのもポイント。今季は、斜めステッチを施したシェブロンデザインが新たに仲間入り。「ガブリエル ドゥ シャネル」(H21×W28×D10cm)¥468,000/シャネル(シャネル カスタマーケア TEL:0120-525-519)
[画像のクリックで拡大表示]
PRADA
伝統的な素材のひとつ「サフィアーノ」レザーを使用した、ブランドを代表するバッグ。最大の特徴は、本体の前後に大きなファスナーポケットがあしらわれていること。チケットやリーフレットのような薄手のものも、きちんと収納できる。サイドのスナップボタンにより、間口の開き具合を調整可能。「プラダ ガレリアバッグ」(H24×W32×D13.5 cm)¥257,000(予定価格)/プラダ(プラダ クライアントサービス TEL:0120-451-913)
[画像のクリックで拡大表示]