CÉLINE
2017年秋冬コレクションでデビューし、バッグの新たなトレンドを牽引している「ビッグバッグ」。日常使いに適した大きさの“ミディアム”は、ノートPCの持ち運びや、かさばる荷物がある日にも便利。軽やかなブラウンの“タン”は、秋冬のトレンドとしても注目度の高いカラー。「ビッグバッグ スムースカーフスキン ミディアム」(H32×W32×D29 cm)¥480,000/セリーヌ(セリーヌ ジャパン TEL:03-5414-1401)
[画像のクリックで拡大表示]
LOEWE
ロエベの次なるアイコンとして、2018年春夏コレクションでデビューした「ゲート 」バッグ。新作は、フロントのノットベルトと、サイドのメタルピンを受け継いだトップハンドルタイプ。センター仕切りがファスナーポケットになっており、また内側前後に大きめのポケットが配された使いやすい構造が魅力。「ゲート トップハンドル スモール」(H22.5×W30×D12.5 cm)¥277,000/ロエベ(ロエベ ジャパン カスタマーサービス TEL:03-6215-6116)
[画像のクリックで拡大表示]
SAINT LAURENT
手仕事で選別された最高級カーフレザーに72時間かけてドラム乾燥を施した、ブランドを象徴するグレインレザーを使用。200ピースのレザーやメタルのパーツを職人が丁寧に組み上げて完成する。アコーディオン型のサイドと、タブ付きベルトが特徴的。センター仕切りを兼ねたファスナーポケットもあり。「サック・ド・ジュール・スープル」(H25×W32×D16.5 cm)¥329,000/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン TEL:0570-016655)
[画像のクリックで拡大表示]
SALVATORE FERRAGAMO
洗練されたデザインのトップハンドルバッグは、クリエイティブ・ディレクターのポール・アンドリューがはじめて手がけたことでも話題の最新モデル。ガンチーニを横向きに配したクロージャーを外すとワイドに開く仕様で、取り外し可能な大きめポーチも付属。シックなグレイッシュベージュが、知的なムードを演出する。「フェラガモ ストゥーディオ バッグ」(H30×W35×D18 cm)¥275,000/サルヴァトーレ フェラガモ(フェラガモ・ジャパン TEL:0120-202-170)
[画像のクリックで拡大表示]

Photos:Chifuyu Aizawa (biswa.) Styling:Kozue Onuma (eleven.) Text & Edit:Kao Tani