[画像のクリックで拡大表示]

思いきりお肉を頬張り、食後には余韻に浸りながらバーで一杯。今回は、そんな願いが一軒で叶えられるお店をご紹介。レストラン内に併設されたバーなら、蒸し暑い外に出ることなくストレスフリー。レセプショニストが迎えてくれる上質なレストランは、プライベートにもビジネスにも重宝しそう。

Two Rooms Grill|Bar(トゥールームス グリル|バー)
10周年を迎えたインターナショナルなグリルレストラン

[画像のクリックで拡大表示]
チャコールグリルで香ばしく焼き上げられた「アメリカ アイダホ産 スネークリバーファーム リブアイ」(300g ¥8,800)。ソースはゲストの目の前でかけられる。

 10周年を迎えた「トゥールームス グリル|バー」が、常に進化を重ねるなか、今年6月にメニューに加わったのが、こちらの「アメリカ アイダホ産 スネークリバーファーム リブアイ」だ。「サシが美しく入ったアメリカン和牛は、日本ではまだあまり馴染みがありませんが、アメリカでは最高峰に位置づけられるお肉です」と語るのは、オーナーシェフのマシュー クラブさん。アメリカ産牛肉の格付けは、プライム、コマーシャル、チョイス……と8つに等級分けされることが多いが、こちらは、一番上のプライムのさらに上に位置づけられる品質を誇る。

 素材の持ち味を活かしシンプルに焼き上げたスネークリバーファームのリブアイ(リブロースのなかでも最上とされる部位)は、そのままでも十分に味わい深いが、添えられたソースがより一層うまみを引き立てる。ビーフストックをベースに、赤ワイン、スターアニス、黒糖などで煮詰めたソースに、じっくりと炒めたタマネギにシェリービネガーを加えたオニオンジャムが添えられている。和牛やオーストラリアNSW産のレンジャーズヴァレー ロンググレイン ブラックアンガスビーフのステーキも揃う。