働く女性のファッションをアップデートする着こなしやアイテムを、編集部が提案する定例企画。8月は、ビジネスシーンの必須アイテムであるバッグを特集する。第2回は、バイカラーやカラーブロックなど、多色使いのデザインがテーマ。さりげない主張を感じさせるスタイルは、仕事へのプライドを持つ女性の生き方にもマッチするはず。

奇をてらわない色の組み合わせが導く、洗練の表情

[画像のクリックで拡大表示]

 2色、あるいは3色の異なるカラーを組み合わせたバッグは、1色のものよりも確実におしゃれな印象がアップする。だからこそ、仕事の場で使うバッグには配色のトーンが重要。華やかすぎず、落ち着いた表情をキープする色のバランスにこだわって、知的なたたずまいのワーキングスタイルを演出しよう。

FENDI
サイドが飛び出た台形のフォルムと、切りっぱなし風のエッジが特徴的な「トロワジュール」。ファスナー式の開口部が大きく開くので、荷物の出し入れをスマートにできる。新色は、季節を問わず使いやすいライトグレー×ホワイトのカラーパレット。「トロワジュール」(H22×W31×D12cm)¥287,000/フェンディ(フェンディ ジャパン TEL:03-3514-6187)
[画像のクリックで拡大表示]
BOTTEGA VENETA
秋らしい深みのある3色のナッパレザーで仕立てられたバッグは、シンプルな外見とは異なり、3つのコンパートメントに分かれた構造に。ブランドアイコンであるイントレチャートモチーフを、金具とストラップにあしらうというさりげなさも上品。「ピアッツァ」(H28×W29.5×D13cm)¥440,000/ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ・ジャパン TEL:0120-60-1966)
[画像のクリックで拡大表示]