働く女性のファッションをアップデートする着こなしやアイテムを、編集部が提案する定例企画。8月は、ビジネスシーンの必須アイテムであるバッグを特集する。第3回は、ノートPCや資料の持ち運びに便利と人気が高い、トートバッグにフォーカス。定番の横長フォルムはもちろん、変形タイプやショッパーバッグタイプなど旬のデザインも要チェック!

ブランドごとの個性が光るデザインは、休日にも活躍!

[画像のクリックで拡大表示]

 仕事の場だけでなく、休日のお出かけにも出番が多いトートバッグ。カジュアルすぎない上質感がありながら、トレンドのモチーフやアイコニックなディテールが取り入れられたデザインを選べば、どちらのシーンにもマッチする。そんなお役立ちのトートバッグを、人気ブランドから厳選! オンオフ問わず頼りになるパートナーを探そう。

DIOR
2018年春夏コレクションで話題を呼んだ「ブック トート」に、懐かしくも新しいロゴテキスタイル「ディオール オブリーク」が登場。今季は豊富なカラーで展開される。1967年に生み出されたアーカイブのキャンバス地を着想源とし、熟練の職人技で長時間かけて仕上げられた「ディオール オブリーク」は、新アイコンとしても注目の的。「ブック トート」(H32×W41.5×D18cm)¥270,000/ディオール(クリスチャン ディオール TEL:0120-02-1947)
[画像のクリックで拡大表示]
FENDI
ブランドを代表する素材でもある、最高級レザーの「クオイオ ローマ」を使用した「セレリア」ライン。美しいシボと熟練の職人が手がけるハンドステッチが、アイコニックな表情を醸し出す。内側に配された、製造番号入りのシルバーメタルプレートも大きな特徴。大人でも持ちやすいグレイッシュなピンクは、現代のベーシックカラー。「セレリア“カルラ”」(H25×W31×D13cm)¥238,000/フェンディ(フェンディ ジャパン TEL:03-3514-6187)
[画像のクリックで拡大表示]