[画像のクリックで拡大表示]

まだまだ暑い日々が続くが、まずは食べ物から、秋を先取りしてみてはいかがだろうか。こだわりのスウィーツは、手土産、贈答にはもちろん自宅でのちょっとした贅沢にもぴったり。重厚感ある逸品からコンパクトなアイテム、さらに、ヘルシーなアイテムもセレクトしているので、お相手やシチュエーションに合わせて選んでみては?

“バナナの水信”で知られる「水信フルーツパーラー」の、バナナたっぷりの上品なケーキ

[画像のクリックで拡大表示]
「水信バナナパウンドケーキ」 ¥2,400(税込)/水信フルーツパーラー
https://www.mizunobubrooks.com/fruit-parlor/

 大正4年(1915年)、海外から届いたバナナの加工業から創業した横浜の老舗果物店「水信」(みずのぶ)。今年6月、「ななつ星 in 九州」のデザインでも知られる水戸岡鋭治氏が内装を手掛けたオーセンティックなフルーツパーラーがオープンした。どこかノスタルジックな雰囲気は、商品のパッケージデザインにも感じられる。“バナナの水信”が誇るこちらは、糖度が高く熟成の進んだ食べごろのバナナを惜しげもなく使用し、生地に練り込むだけでなく丸ごと上にものせている贅沢さ。なめらかな口当たりで、香ばしいクルミがアクセントになっている。香りづけのリキュールは不使用なので、小さい子どもがいる家庭にも喜ばれそう。

ドバイから初上陸した人気店「VIVEL PATISSERIE」の5種類のデーツサンド

[画像のクリックで拡大表示]
「デーツ詰合せ(S)」 ¥1,728(税込)/VIVEL PATISSERIE TOKYO(ヴィヴェル パティスリー トウキョウ)
 https://vivel-japan.stores.jp/

 1992年にドバイで1号店を開店させた「VIVEL PATISSERIE」は、現在ではUAE国内に8店舗のほか、スイスにも店舗を展開。王族のパーティーや5~7ツ星ホテルでも使用されている。イランの伝統的な手作り菓子のレシピをベースにスタートし、ヨーロッパと中東の独自性やペルシャの影響を大きく反映。デーツは、ミネラルやビタミンC、食物繊維が豊富で中東では日常的に楽しまれているドライフルーツだ。サウジアラビア産のSAQAIという貴重な種類をドライにして丁寧に一つひとつ種を除き、アーモンド、ヘーゼルナッツ、クルミといったナッツや、オレンジ、レモンの皮をサンド。素材そのものの豊かな甘みが楽しめる。

西陣織の老舗「澤屋重兵衛」の装いも麗しい、貴腐ワイン香るレーズンチョコ

[画像のクリックで拡大表示]
「KifuKifu CUBE きふきふ キューブ/2個ギフトセット」 ¥4,500(税込)/澤屋重兵衛
https://sawayajyubei.theshop.jp/

 安永5年(1776年)創業の西陣織を継ぐ「澤屋重兵衛」(さわやじゅうべえ)による、和の趣漂うギフト。葡萄が描かれた代表的な古代錦袋帯の文様である「狩鞍更紗」の折箱は、そのまま優美な受け皿となり、テーブルを彩る。艶やかなチョコレートは、ドライレーズンをボルドー産の最高級貴腐ワインのソーテルヌに漬け込み、薄く粉砂糖をまぶして銅製の大きな鍋に入れ、回転させながら溶かしたカカオが70%のチョコレートを少しずつ流し込んでコーティングしたもの。エレガントに香り立つ一粒一粒は、まさに職人業の賜物だ。20℃以下の常温で保存すると、さらに香り高く酸味が柔らかになり、ワイン同様に熟成していく。

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
400

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02
  • sp-in02