明治や大正、昭和初期に建てられた建造物には、現代の建物とは異なる魅力がある。DJ、モデル、着物スタイリストとして多彩な顔を持つMademoiselle YULIA(マドモアゼル・ユリア)が、そんな近代建築をナビゲート。今回は、三菱財閥岩崎家の本邸および迎賓館として明治29年に完成し、現在は一般公開されている旧岩崎邸庭園を訪問。ジョサイア・コンドルが手掛けた洋館と撞球室(ビリヤード場)を紹介する。

MADEMOISELLE YULIA
東京生まれ。DJやシンガー、着物スタイリストとして活躍。国内外のコレクションのフロントロウを飾るなど、ファッションアイコンとしての顔も持つ。大正時代や歌舞伎、着物などに造詣が深く、ヴィクトリア&アルバート博物館で開催した「KIMONO展」ではメインヴィジュアルのスタイリングを担当。今年3月には日本の伝統文化を専攻した大学を卒業。
http://yulia.tokyo/yulia/

 東京・上野の不忍池の南西。一方通行の路地から門扉を通り、木立の中の坂道を上りきった先に現れる西洋建築と庭園が、現在一般公開されている旧岩崎邸庭園だ。都心の一等地に広がる緑豊かな敷地は、江戸時代には越後高田藩・榊原家の中屋敷だった場所。明治になってからは、薩摩藩出身の桐野利秋、旧舞鶴藩主・牧野弼成の所有を経て、1878(明治11)年に三菱財閥初代の岩崎彌太郎が購入。その後、1896(明治29)年に岩崎家三代目の久彌によって、英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計で洋館と撞球室が建設された。「この連載では、神田のニコライ堂に続くジョサイア・コンドル建築です。巨匠のこだわりと細部を見られるのが本当に楽しみです」とユリアさんも見学前から大いに期待が高まっているよう。

[画像のクリックで拡大表示]
洋館は、関東大震災や第二次世界大戦の戦禍からはまぬがれたが、戦後はGHQに接収されたという歴史も。その後、国の所有となり、1961(昭和36)年には洋館と撞球室、1969(昭和44)年には和館大広間と洋館東脇の袖塀、1999(平成11)年には敷地全体が国の重要文化財に指定された。
[画像のクリックで拡大表示]
エントランスから一階のホールへ。ガラスの意匠、扉部分の木枠など、当時のままの手の込んだデザインが見事だ。洋館の内部は靴を脱いでの見学となるので、靴下などの準備を忘れずに(スリッパは不可)。ドレス¥1,090,000、ヘアクリップ¥45,000、ブレスレット参考商品、バッグ¥770,000/シャネル(カスタマーケア)■0120-525-519