青蓮院 法垂窟   

二人の高僧を引き合わせた地のパワーを感じて

 最後に、近くの青蓮院(しょうれんいん)の飛地境内にある法垂窟(ほうたるのいわや/ほたるくつ)へ。観光ガイドにはまず紹介されていない、知る人ぞ知るスポットです。そこは、法然とその弟子にして浄土真宗の宗祖となった親鸞が、運命の出逢いを果たしたと伝わる場所……。

知恩院の鐘楼の脇にある、舗装されていないひっそりとした山道を、降りしきる雨の中、登っていく。観光気分というより、修行僧の心持ちを少しだけ疑似体験。
[画像のクリックで拡大表示]

 親鸞はわずか9歳から延暦寺で厳しい修行を積みましたが、煩悩に悩まされ、なかなか悟りを得ることができず、29歳で意を決して下山します。そして、崇拝する聖徳太子が建立したとされる京都・堂之前町(どうのまえちょう)の六角堂で100日間の参籠を行っていると、95日目の夜明けに観音様が夢の中に現れて、親鸞の進むべき道を告げたそうです。
 親鸞はすぐに、法然のもとへと駆けつけました。

石灯籠の左に「法然上人 親鸞聖人 御旧蹟」と刻された石碑。法垂窟の前には石造垣根が設けられ、結界となっている。人影もなく、静けさに包まれた神秘的な場所だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 吉川英治の小説『親鸞』(講談社)には、二人の出逢いのシーンがこんなふうに描かれています。「(法然)上人もほほ笑んだ。範宴(はんねん:親鸞)の笑顔からは、ぱらぱらと涙がこぼれた。涙は、随喜の光だった 」。
 法然と親鸞が初めて相見えたのは1201年のこと。
 ここでは、後の日本仏教史に名を残す二人の高僧を結びつけた強い磁力が、800年以上の歳月を重ねた今でも感じられます。

木下真理子
木下真理子 書家。雅号は秀翠。6歳より祖父の影響で筆を持ち、専門的な知識と高度な技術を習得するために、書道の研究では第一線として知られている大東文化大学に進学。漢字文化圏である東アジアで受け継がれてきた伝統文化としての書を探求。古典研究の専門分野は「木簡隷」。篆書、隷書、草書、行書、楷書の漢字五書体を書き分け、漢字仮名交じりも書する。近年は現代美術としての書作品の制作にも取り組んでいる。映画『利休にたずねよ』、NHK『にっぽんプレミアム』、『正倉院展』などに関わる題字を数多く担当し、海外プロジェクトやエッセイなどを通して日本の伝統文化の魅力も幅広く伝えている。 公式HP:kinoshitamariko.com/blog

Photos:nanaco Cooperate:Chion-in, Sho-ren-in


バックナンバー

書家・木下真理子が行く、洗心パワースポット──高山寺