[画像のクリックで拡大表示]

近年、30代後半から40代に多いとされる「プレ更年期」。イライラ、足腰の冷え、不眠、ほてり……。閉経まではまだ時間があるにもかかわらず、こうした「更年期」と同様の症状に悩まされるという。その原因と対策について、成城松村クリニック院長の松村圭子先生に伺った。

こんな症状はない? 「プレ更年期」チェックリスト

「プレ更年期」症状チェックリスト

□上半身がほてったり、のぼせたりする

□突然、頭や顔に汗をかくことがある

□最近、疲れやすい

□寝付きが悪い、眠りが浅いなどと感じる

□足腰が冷えやすい

□肩こりがひどい

□ささいなことでイライラしたり落ち込んだりする

□めまいがする

女性ホルモンの分泌量は、30代半ばまでをピークに徐々に減少。40代後半に入ると激減していく。
[画像のクリックで拡大表示]

 女性の閉経は、平均でおよそ50歳ごろに訪れる。「更年期」にあたるのは、その前後5年、つまり45歳から55歳ごろのこと。症状に個人差はあるものの、その10年間は「更年期障害」と呼ばれる症状に苦しむ女性が多い。

 しかし、近年は30代後半から40代前半であっても、更年期障害と同じ症状に悩まされるケースが見られるという。これが「プレ更年期」と呼ばれる状態だ。

「そもそも更年期とは、女性ホルモンの分泌量が急激に減少する時期。ホルモンバランスが崩れることで、自律神経が影響を受け、さまざまな不調が起きるのです。更年期の不調は、ほとんどの女性に起こる生理的現象といえます」(松村先生)

「プレ更年期」の主な原因はストレスだった

「更年期」は、女性ホルモン分泌量の減少が原因とされる。一方で、「プレ更年期」の原因は主にストレスだ。

「ストレスを受けると、脳はホルモン分泌の指令をうまく出せなくなってしまいます。すると女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れ、結果的に自律神経が影響を受ける。こうして、更年期と同様の症状が現れるのです」(松村先生)

[画像のクリックで拡大表示]
更年期は、卵巣の老化による女性ホルモンの分泌量の激減が原因。一方で、プレ更年期はストレスが主な原因。プレ更年期の症状を感じるならば、「体がストレスでSOSを出している」と心得て。

「女性の生き方が多様化した今、女性が受けるストレスもまた多様化しています。30代後半は、仕事でもプライベートでも悩みが増えてくる世代ですよね」(松村先生)。仕事の面では、キャリアアップをして強いプレッシャーを受けたり、上司と部下に挟まれる立場で苦しい思いをしたり、仕事と育児の両立に悩んだりする時期だ。

「プライベートでは、妊娠のリミットが迫ってきて焦ったり、高齢出産からの子育てによる体の負担が大きかったり。ママ友付き合いやSNSでの人間関係に疲れている人も少なくないですね」(松村先生)。なかでも、完璧主義な人、生真面目な人は、同じ物事に直面したときでもストレスを感じやすい。