財布やカギ、鞄、スマートフォン。大事なモノをなくして、大慌てをしたことはないだろうか。「biblle」は、大事なモノやヒトを見守るアクセサリーだ。音を鳴らしたり、位置情報を確認したりして物の位置や人の居場所がわかる、便利で心強いタグだ。

[画像のクリックで拡大表示]

大切なモノやヒトを見守る“なくし物&迷子発見タグ”biblleとは?

 財布、カギ、鞄、スマートフォン、自転車、はたまたペットや子ども、高齢者まで。biblleは、こうした大事なモノやヒトを見守るタグだ。サイズは2.2cm×6cm、厚さが約0.5cmと小型で、重さはわずか9g。

 ファッショナブルなデザインも豊富で、2019年夏にはアーティストのSHETA(シータ)とコラボレーションし、LANVIN en Bleu(ランバン・オン・ブルー)とのトリプルコラボレーションも果たしている。

[画像のクリックで拡大表示]
長方形の「biblle」(¥3,700)。ボタン電池で約半年間稼働。電池交換をすれば長く愛用できる。

 使い方は簡単。biblleをつけたモノやヒトを見失ってしまったら、スマホアプリ(無料)を起動する。biblle とアプリはBluetoothで接続されており、50m程度の距離内であればbiblleのブザー音を鳴らすことができる。biblleについているボタンを押してスマホを鳴らすことも可能だ。

 もしそれ以上の距離が空いてしまった場合は、biblleが発信モードになり、位置情報を発信し始める。近くにある持ち主“以外”のスマホアプリ、あるいは街なかの受信局がそれを拾い、地図上の位置情報をアップデートしていく。

[画像のクリックで拡大表示]
アプリでは、biblleのあるおおよその位置が特定できる。もちろん、PCなどを用いてウェブ上からも確認が可能だ。

「スマホアプリを持っている人、また街なかの受信局が、半径50メートルぐらいの見守りの輪をつくっているようなイメージです。ユーザー数が増えると同時に、電柱や自動販売機が受信局となるエリアも増えるため、位置情報が正確に取れるエリアが広がりつつあります」(biblleを開発したジョージ・アンド・ショーンの井上憲さん)