確かな美しさを追求するブランド、オーセント。2008年にデビューしたクリームが、さらに進化。一昨年登場した「オーセント クリームⅡ」で、明日も、明後日も、その先も。未来へとつながる美しさを育んでゆきたい。

新たな美しさを生み続け、幸福感が満ちる肌へ

まさに細胞が生まれる瞬間をイメージして作られた容器デザイン。初代から継承するその意匠は、既成概念にとらわれず、肌の神秘的な美しさを表現したもの。自分へのご褒美としても入手したい、感動のクリームだ。オーセント クリームⅡ 50g ¥100,000/メナード
[画像のクリックで拡大表示]

 冷たく澄んだ大気の中、宙空できらめく星々。多忙な日常の中にあっても、その美しさとスケール感は、時折見上げたい存在だ。気が遠くなるほどの時間の積み重ねの中で生まれては消滅し、また新たに生まれくる星々が宇宙という空間の中で繰り広げるドラマ。そこには、人知を超えた壮大なロマンがある。私たちの肌においても、偉大なドラマは繰り広げられている。そう、日々新たな細胞が生まれては育まれ、健やかで美しい肌が維持されているということ。そこでは肌の起源をめぐる神秘的なドラマが進行しているのだ。

 創業以来、「美しさにまごころこめて」を企業理念として掲げてきたメナード。2008年には創業50周年の集大成として「オーセント クリーム」を発売。オーセントには、「確かな」という意味、そして「未来の美しさのために確かなものをつくりたい」という願いが込められている。オーデパルファムやマスク、ネックエッセンスとラインナップも充実する中、2016年にはメナード 最新のサイエンスを反映し、さらに進化した「オーセント クリームⅡ」が登場。鍵を握るのは独自開発成分のセミプレナローズエキス*1だ。原種に近いこのオールドローズは、ボッティチェリの名画『ヴィーナス誕生』にも描かれているとされるバラ。その茎と葉から得られるエキスと、芽吹きと成長のパワーが凝縮された3つの種子から得られたエキス─油溶性西洋実ザクラ種子エキス*2、ハンタイカイ種子エキス*3、紫ムギ種子エキス*4─を配合。肌の起源の領域を解き明かす新たな研究成果を映し出したクリームが生まれたのだ。

 テクスチャーも実に感動的。肌の上でふわりととろけるようになじんでもたらされる、充実感やもっちりとしたハリ感。貴重な2種のバラやオレンジフラワー、バイオレットの天然精油*5などが奏でる気品と女性らしさあふれる香りも、スキンケアの時間を幸福感と喜びで満たしてくれるよう。肌の未来を大切に育み、美しさを生み続ける──そんな私たちの願いを託したいクリームなのだ。

[画像のクリックで拡大表示]
オーセント クリームⅡの登場の翌年、マスクも進化。フェイスラインを両側からしっかりリフトアップするフェイス用と、首を360°包み込む首・デコルテ用の2枚がセットになった贅沢なマスクは、コクのあるエッセンスが肌にぴたりと密着。マスクを外したときに感じる、あふれる艶とハリ感はまさに感動的。オーセント マスクⅡ 1回分 ¥6,000/メナード
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉年齢が出やすい首とデコルテをケアする、リッチな感触のエッセンス。スムースになじみ、キメの整ったなめらかな肌へ。オーセント ネックエッセンス 30g ¥35,000〈右〉奥行きのある華やかさ、気品あふれる女性らしさが人気のオーセント クリームの香りからフレグランスに。 ローズやオレンジフラワー、ジャスミンなどのフローラルノートをベースに、ピンクペッパーやムスクがアクセントを加えた、幸福感あふれる香り。オーセント オーデパルファム 50mL ¥15,000/メナード

*1 ロサアルバ葉/茎エキス(保湿成分)
*2 セイヨウミザクラ種子エキス(保湿成分)
*3 ステルクリアスカフィゲラ種子エキス(保湿成分)
*4 オオムギ種子エキス(保湿成分)
*5 全て香料

メナード お客様相談室
TEL:0120-164601

Photo: Hironobu Maeda (STIJL) Editor: Midori Kurihara