お燗の奥深さと、温めることで広がる可能性

 身体の芯から温まるような「お燗」は、グッと冷え込むこの季節に自然と恋しくなる。ひとことでお燗といっても、温度によって味わいの幅は広く、知れば知るほどハマる人も多い。温めることで、酒質にも大きな変化をもたらしてくれる。

 一般的にはお燗にすると、甘みや旨みが強まり、苦みや辛みが弱まる。冷酒のときには潜んでいた味わいが膨らむことで、まろやかな口当たりに。同じお酒で冷酒とお燗を飲み比べても全く違った印象を受ける。さらに、わずかな温度帯の違いによっても繊細に変化するのが、ほかのアルコールにはない日本酒の楽しみだ。

 温度によって異なる呼び方も興味深い。30℃前後を「日向(ひなた)燗」、35℃前後を「人肌燗」、40℃前後を「ぬる燗」、45℃前後を「上(じょう)燗」、50℃前後を「熱燗」、55℃前後を「飛び切り燗」と呼ぶ。ちなみに、常温は「冷や」、15℃前後は「涼冷え」、10℃前後は「花冷え」、5℃前後は「雪冷え」だ。燗をつけることで、味わいが引き出されることを「燗上がりする」といい、味わいが格段に良くなることを「燗映(かんば)えする」と表現する。

 最適なお燗の温度は、それぞれのお酒の酒質によって見極めることもあれば、合わせる料理の温度や味わいに近づけることも。レストランで、ワインのペアリングコースに、一杯だけお燗が提供されるというケースも増えている。近年、お燗むけと明確に謳う商品も多くなったが、そうでないが表示されていなくても非常に「燗映え」する商品も多い。酒販店などでプロに「お燗向けのお酒ありますか?」と尋ねてみるのがいいだろう。

外川ゆい
フードジャーナリスト。
外川ゆい 1980年生まれ。グルメ誌やライフスタイル誌を中心に、レストラン、ホテル、お酒など、食にまつわる記事を幅広く執筆する。なかでも日本酒をこよなく愛し、蔵元とお酒を交わす時間がなによりの至福。相手への敬意を込め、常日頃から和装。

Photos:sono(bean) Text:Yui Togawa Edit:Mizuho Yonekawa

関連記事

巡る季節を愛でつつ、一献──醸成月(10月)・秋の夜長にヴィンテージ古酒を傾ける

巡る季節を愛でつつ、一献──竹酔月(9月) ・秋の風物詩「ひやおろし」と「秋上がり」

巡る季節を愛でつつ、一献──穂張り月(8月)・爽快な酔い心地の低アルコール日本酒

巡る季節を愛でつつ、一献──涼月(7月)・夏季限定の日本酒で涼を感じる

巡る季節を愛でつつ、一献──風待月(6月)・日本酒の通にも一目置かれる贈りもの

巡る季節を愛でつつ、一献──稲苗月 (5月)・爽やかに弾ける泡酒で乾杯!

巡る季節を愛でつつ、一献──卯花月(4月)・お花見を盛り上げる桜酵母の日本酒