ヴァネッサ・パラディが出演したフレグランス「ココ」の傑作CMをはじめ、シャネルとのコラボレーションでも知られるフランスの奇才、ジャン=ポール グード。11月28日(水)~12月25日(火)の間、銀座のイベントスペース「シャネル・ネクサス・ホール」にて、彼の展覧会が開催される。過去のコラボ作品や写真、ドローイングプリント、インスタレーションなど、グードの世界を余すところなく体験できる貴重な機会だ。

[画像のクリックで拡大表示]
Chance, CHANEL, Paris, 2015

時代に先駆け、グラマラスな美を発見した稀代の“イメージメーカー”

 フランス人の父とアメリカ人の母をもつジャン=ポール グードは、1960年代にアート・ディレクターとして活動を開始し、80年代以降は写真家、アーティスト、デザイナー、映像ディレクターなど、多岐にわたる“イメージメーカー”として、人々の記憶に残るグラフィカルな表現を生み出してきたアーティストだ。
 グードは世界有数のブランドやメディアと“共犯関係”を結び、時代を反映するアイコニックな広告やアートワークを発表してきた。そのなかでも、シャネルとグードの間には長年にわたるコラボレーションの歴史がある。

[画像のクリックで拡大表示]
Fire, CHANEL Fine Jewelry Installation, 2001 In collaboration with Pierrick Sorrin

 例えば、90年に発表された男性用フレグランス「エゴイスト」のCM。リオデジャネイロを舞台に、すべての窓から女たちがバルコニーに現れ、恋人に向かって「エゴイスト!」と強い口調で叫ぶ映像はとびきり鮮烈でショッキングだった。来(きた)るべき21世紀を前に、新しい時代の女性像を示していたと記憶している。
 92年には、ヴァネッサ・パラディが鳥かごのなかで歌う小鳥に扮したフレグランス「ココ」のCM映像を手がけた。ウェストミンスター公爵からシャネルに贈られた小さな金色の鳥かごからインスピレーションを得たというこの映像をもとに、本展では新作も発表される(その鳥かごは今でも、パリにあるシャネルのアパルトマンに保管されているとか)。

[画像のクリックで拡大表示]
Slave to the rhythm, cut-up transparency, Paris, 1986

 一方、グードの審美眼は、時代に先駆けて、常にボーダレスな美を発見してきた。公私ともにパートナーであったアフリカ系の歌姫グレイス・ジョーンズ。中東系の元スーパーモデル、ファリーダ・ケルファ。そして韓国系のモデルである現在のミューズ。欧米社会ではマイノリティである彼女たちの唯一無二の美を、センセーショナルかつポジティブに表現したポートレート展示も本展の大きな見どころだ。
 さらに会場では、ダンサーたちがアリアを歌い回遊するパフォーマンスが展開され、巨大パノラマパネルには2017年にポンピドゥーセンターで展示された壮大なインスタレーションの映像が投影される。2つの世紀をまたいでグラマラスな時代の寵児であったジャン=ポール グード。彼独自のビザールで饒舌な、めくるめく世界が空間を埋め尽くすビジュアルプレゼンテーションは、まさに「高揚の時代」そのものを具現するはずだ。

ジャン=ポール グード展覧会 “In Goude we trust!”
11月28日(水)~12月25日(火) 12:00~19:30 無休
※11月30日(金)は17:00まで
会場:シャネル・ネクサス・ホール(東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)
入場料:無料

Text:Chie Sumiyoshi Editor:Kaori Shimura

バックナンバー

写真家の視点――立木義浩写真展@シャネル・ネクサス・ホール〈後編〉

写真家の視点――立木義浩写真展@シャネル・ネクサス・ホール〈前編〉

写真家の視点――サラ ムーン写真展@シャネル・ネクサス・ホール〈後編〉

写真家の視点――サラ ムーン写真展@シャネル・ネクサス・ホール〈前編〉

写真家の視点――フランク ホーヴァット写真展@シャネル・ネクサス・ホール〈後編〉

写真家の視点――フランク ホーヴァット写真展@シャネル・ネクサス・ホール〈前編〉