創建当時の趣を感じる階段や煉瓦の壁

 幾度かの修復を重ねた旧帝国図書館の建物だが、創建当時から残っているものもある。

その一つは同図書館で最もダイナミックな空間である、大階段。階段の手すりや階段近くのケヤキの扉も当時のままだ。

[画像のクリックで拡大表示]
鋳鉄製の手すりに圧倒される大階段。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉窓からは自然光がたっぷり入る。 〈右〉手すりの力強い直線と、アーチを描く後方の扉が対照的。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉細部の装飾も見事だ。 〈中〉創建当時から残るシャンデリア。100年超えとは思えない状態の良さ。 〈右〉扉には「おす登あく」(押すと開く)の文字が。

 回廊となるラウンジは、平成期の改修工事でガラス張りのエリアが増設された際に造られた場所。元々中庭に面していた煉瓦の外壁が保存されているので、当時の煉瓦を近くで見ることができる。 3階ホールには、帝国図書館時代の部品やジオラマが展示されている。じっくり歴史を堪能したい方はぜひ。昔懐かしいカード棚も当時のままだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
2階の廊下部分では、当時の外壁を直に見ることができる。
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左・中〉 3階ホールに展示されている貴重な資料で、図書館の歴史や変遷を振り返ることができる。当時の利用者も興味深い。 〈右〉 書名目録カードが入った棚。

「児童書ギャラリーでは、竹久夢二の挿画が入った絵本を直接手に取ることができました。他にも、大人でもワクワクするような書物がそろっているので、いまの子どもたちは幸運ですね」(ユリアさん)

[画像のクリックで拡大表示]
国立国会図書館国際子ども図書館
 
住所:東京都台東区上野公園12-49
TEL:03-3827-2053
ホームページ:https://www.kodomo.go.jp/
開館時間:9:30〜17:00
休館日:月曜日、国民の祝日・休日(5月5日 こどもの日は開館)、第3水曜日
※毎週金曜、土曜の日没から21時まで外観のライトアップを行っている

Navigator:Mademoiselle YULIA Photos & Movie:Hiro Nagoya Text:Mika Koyanagi


バックナンバー

マドモアゼル・ユリアが訪ねる 日本の近代建築 Vol. 10 ミュージアム1999

マドモアゼル・ユリアが訪れる日本の近代建築 Vol. 9 港区立郷土歴史館

マドモアゼル・ユリアが訪れる日本の近代建築 Vol. 8 東京復活大聖堂教会(ニコライ堂)

マドモアゼル・ユリアが訪ねる 日本の近代建築 Vol.7 赤坂プリンス クラシックハウス

マドモアゼル・ユリアが訪ねる 日本の近代建築 Vol.6 ホテル雅叙園東京「百段階段」

マドモアゼル・ユリアが訪ねる 日本の近代建築 Vol.5 小笠原伯爵邸

マドモアゼル・ユリアが訪ねる 日本の近代建築 Vol.4 鳩山会館

マドモアゼル・ユリアが訪ねる 日本の近代建築 Vol.3 東京都庭園美術館・本館(旧朝香宮邸)

マドモアゼル・ユリアが訪ねる 日本の近代建築 Vol.2 和敬塾本館

マドモアゼル・ユリアが訪ねる 日本の近代建築 Vol.1 自由学園 明日館