THE SENSE AND SCIENCE──SENSAI ASシリーズ

 日本の美意識と科学に基づくブランド、SENSAIは、1983年にロンドンのハロッズでデビューした。以来、美の本場であるヨーロッパのマーケットで鍛えられ、試行錯誤を繰り返しながら、日本的なスキンケア作法を伝えてきた。先進科学と技術の粋を集めた成分、テクスチャー、香り、そしてベネフィット。約40年もの間、アジアのブランドがヨーロッパで生き残るのは、簡単なことではない。そのSENSAIが、今年9月に満を持しての凱旋帰国。アジア初となる日本デビューだ。

[画像のクリックで拡大表示]
日本原種の高品質で貴重な小石丸シルクの美しさにフォーカス。独自開発の成分・小石丸シルクロイヤルTM※1を配合し、香り、感触、後肌、ボトルデザインまでシルキィフィールにこだわる。右から、美容液のように濃密な炭酸※2泡のローション。毛穴より小さくマイクロバブル化した弾力ある泡状の化粧水が心地よくなじみ、いきいき躍動するしなやかなハリ肌に。センサイ AS マイクロムース トリ ートメント s 90ml ¥18,000 みずみずしい軽さとリッチさを併せ持つ乳液。肌※3にするすると溶け込んだ瞬間に潤いが溢れ、やわらかく艶やかでもちっとした肌に仕上がる。同 AS フルイド 80ml ¥18,000 リッチで濃密なクリームなのに軽やかになじみ、すばやく角層に浸透。乾燥しやすい肌を豊かな潤いで包み込み、ふっくらなめらかなハリに満ちた肌は表情まで輝く。同 AS クリーム 40ml ¥18,000/すべてSENSAI(カネボウ化粧品)
※1 保湿成分:小石丸シルク(加水分解シルク)、アセチルグルコサミン、チョウジュエキス、メマツヨイグサ種子エキス、シソエキス
※2 炭酸ガス(噴射剤)
※3 角層

 SENSAIがインスピレーションを受けたのは、繊維メーカーとしてスタートしたカネボウのシルク研究から導き出された、絹の中でもやわらかさ、なめらかさ、艶の美しさが圧倒的な、日本原種の小石丸シルク。小石丸シルクから抽出した独自開発成分を配合したASシリーズが目指すのは、水分に満たされたような透明感をたたえ、しなやかでキメ細く、繊細な艶とやわらかなハリを秘めたシルキィフィールな肌。年齢とともに多様化する肌悩みにも応える。またSENSAIは、肌を慈しみながら丁寧にスキンケアを重ねていく日本独特のメソッドを提案する。慌しい毎日だからこそ、朝と夜に自分と向き合うリチュアルにも似た時間を。その作法が、肌を超え、存在までも美しい大人を育てるのだ。

SENSAI取扱店は「伊勢丹新宿店」「阪急うめだ本店」。12/20に「ジェイアール名古屋タカシマヤ店」がオープンする。

カネボウ化粧品
TEL:0120-518-520

SENSAI公式サイト

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
SENSAI_400_1

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02
  • sp-in02