漆黒のスキンケアの魔法に翻弄される。

キャップを開けると、目に映るのは漆黒のテクスチャー。このカラーはシリーズのデビュー時から用いられている、スケルトネマ・コスタツムという藻の色ゆえ。生命力の強い藻から抽出した成分が、肌の細胞間コミュニケーションを高め、組織の構築に働きかける。また、改良三代目の今回は、抗酸化と細胞内のミトコンドリアの保護により、エイジングケア力が進化。肌の厚みが増し、未知の弾力ある肌へと導くクリーム、目もとが締まって、昔の顔を思い出させてくれるアイケア。漆黒の魔力に溺れて、酔いしれて。〈上から〉ソワン ノワール クレーム ユー 15ml ¥25,500、ソワン ノワール クレーム 50ml ¥48,000/ともにパルファム ジバンシイ
[画像のクリックで拡大表示]
エレガントな感触ののち、凜とした肌へ。

とろり、なめらかに広がった後の肌感は、シルクかベルベットか。そして感じるのは、圧倒的な引き締まり感。肌表面がピンとしなやかな張力をもって、密度が高まり、弾力が増し、使い続ければフェイスラインまでが整ってくる。こうした手応えを支えているのは自然のパワーだ。もともとマダガスカル産ヴァニラの成分を取り入れたシリーズだが、美容液に新たに採用された植物がソリダゴ。細胞のコンダクターであるタンパク質、SNEVをコントロールして、細胞寿命を延ばし、増殖を活発化するという。使うたびに「私の肌はまだ伸びしろがある!」と希望が湧いてくる、そんな美容液だ。サブリマージュ レサンス フォンダモンタル 40ml ¥50,000/シャネル
[画像のクリックで拡大表示]