[画像のクリックで拡大表示]
「フラットホワイト」(¥517)は、ニュージーランドで愛される飲み方。エスプレッソに泡立てたミルクフォームを注ぐものだが、カフェラテやカフェオレよりもミルクが少ないため、エスプレッソの苦みもきちんと感じられる。

 MONZ CAFEにはさまざまな層の客が訪れる。子ども連れでたびたび訪れる近所の常連さん、毎朝のウオーキングコースに組み込んでいる80代、90代のおじいちゃんおばあちゃんたち。こうした地域住民はもちろん、カフェめぐりを楽しむ若者、富岡八幡宮の帰りに立ち寄る外国人観光客も多い。

[画像のクリックで拡大表示]
数年前に雑誌『Newsweek』の東京イーストエリア特集で紹介されてから、外国人の姿が目立つように。外国人ガイドが富岡八幡宮から浅草エリアを巡るツアーの休憩店として活用するようになり、観光客の利用も増えた。

「今後は、似たような参道を探してもう3店舗ぐらい増やしたいなと考えています。せっかく縁日や初詣の機会があるのに、参道の元気がないままではもったいない。街づくりの視点でもさまざまな提案をしていきたいですね」(鈴木さん)

 歴史を引き継ぎつつ、再び人の集まる街へ生まれ変わろうとしている門前仲町。2020年の幕開けは、江戸の薫りが残る神聖なエリアへ参拝に出かけてみてはいかがだろうか。そこには、このあたたかな休憩所が待っている。

MONZ CAFE(モンズカフェ)門前仲町店
住所:東京都江東区富岡1-14-5
TEL:03-6873-0835
営業時間:8:00~19:00(月~金)、9:00-18:00(土・日・祝)
定休日:なし
ホームページ:http://www.monzcafe.com/
※価格はすべて税込み

Photos:Kazushige Mori Text:Yue Arima Edit:Ayaha Yaguchi

バックナンバー

まさに甘美な芸術。モダン都市・銀座の高級喫茶室で愛されてきた伝統の味/資生堂パーラー(銀座)

発王道プリン×旬のフルーツの宝石箱! 渋谷の街で少女時代のときめきに出合う/Åre(オーレ・渋谷)

発祥の地で味わう、シンプルでノスタルジックな味/ホテルニューグランド(横浜)