マンネリな冬スタイルから脱却するには、まずは今年顔アウターにチェンジすべし! 狙うべきタイプ別におすすめをご紹介。

パイピングと翻った際のネイビーのライニングが効いて。襟を立てて颯爽と着こなしたい。ケープ¥89,000/ユニオンランチ(サザビーリーグ)
[画像のクリックで拡大表示]
真っ赤なニットによるマントコート。スナップ式のくるみボタンも愛らしい。マントコート¥165,000/クルチアーニ
[画像のクリックで拡大表示]
ちょっぴりレトロなチェックが最旬。リバーシブルケープ¥145,000/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)
[画像のクリックで拡大表示]
ハンガリー・ブタペスト発のブランド、ÁERON。レザーのパイピングがアクセントになったボリューム感たっぷりのフード付きケープ¥128,000/エアロン(コロネット)
[画像のクリックで拡大表示]
ブラックベルベットの光沢感と波打つ裾のあしらいがエレガント。冬のドレスアップスタイルにも最適。ケープ¥450,000/ジョルジオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
リブ編みの襟元やブラックのライン&ボタン使いが、定番のベージュケープをモードなアイテムに昇華させて。ケープ¥90,000/シーバイクロエ(クロエ カスタマーリレーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]
発色鮮やかなコーラルレッドに目が奪われる一着。シルエット、ボリューム感ともにパーフェクト。ケープコート¥251,000/エミリオ・プッチ(エミリオ・プッチ ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
ラムスキンのトリミングが施された、カシミア・ダブル・フリース素材のリバーシブルケープ。内側は、美しいグリーンの無地。ケープ¥512,000/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)
[画像のクリックで拡大表示]
カナダ発のムースナックルズからは、着ぶくれしないよう計算し尽くされたデザインのホワイトをチョイス。フードまわりのファーがリッチなスパイスに。ジャケット¥149,000/ムースナックルズ(グルッポタナカ)
[画像のクリックで拡大表示]
タータンチェック柄&ショート丈が可愛いウールのダウンジャケット。今年は、このたっぷりと中綿が入ったボリューム感が気分。背中のヨークにはロゴ刺繍が施されて。ジャケット ¥427,000/クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]
グレーのガンクラブチェックにダックモチーフの刺繍がユーモラス。4BARのアームストライプもトム ブラウンならでは。ジャケット¥345,000(参考価格)/トム ブラウン(トム ブラウン 青山)
[画像のクリックで拡大表示]
ダークネイビーのカシミア混ウールと20デニールのナイロンとのコンビ。フォックスファーでトリミングされたフードは取り外し可能。細身のシルエットも◎。コート¥298,000/ムーレー(ムーレー 銀座店)
[画像のクリックで拡大表示]
袖が取り外せてフィッシングベスト風になるパディングアウター。折り返しカフスやメッシュ使いなど凝りに凝ったディテールは、他にない逸品。ジャケット¥303,000/2 モンクレール 1952(モンクレール ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
超軽量、パッカブル、そしてリバーシブルという優秀すぎる一着。撥水加工も施されている本格派。コート¥171,000/マックスマーラ(マックスマーラ ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
ダウン入りキャメルツイードに、ニットグローブが付いたデザインがユニーク。ふんわり軽くて着心地の良さはお墨付き。ジャケット¥138,000/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
華やかなフラワープリントのジャケットは、シックな黒ベースとキュートな白ベースのリバーシブル仕様。エンボス加工のダブルTパッファーロゴが施されたバックスタイルは、視線を集めること必至。ジャケット¥71,000/トリー バーチ(トリー バーチ ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

Photos: Asa Sato Styling:Eriko Moriso Editor:Maiko Hamano

バックナンバー

大本命アウター図鑑 VOL.1 クラシカルな万能テーラードコート