久しぶりに友人と集まり写真を撮ったら、フェイスラインが皆、以前とまったく違っていて驚いた……という経験はないだろうか? 「そんなに太ったわけでもないのに、顔がどんどん丸く、四角くなる」「ほうれい線が深くなって、いつも疲れているように見える」――こうした「ハリ・フェイスライン」問題は、アンチエイジングの中でも一番根深く解決が難しいため、ある程度諦めてしまっている人も多いだろう。でもこれに強力にアプローチするのが、Panasonic Beauty PREMIUMのRF美容器 EH-XR20だ。2018年5月の発売以来、RF(ラジオ波)と超音波のWパワーで、フェイスライがすっきり引き締まると話題を集め、一時は欠品になったほどの人気商品の徹底活用術をレポートする。

10分間の「RF・超音波モード」で、フェイスライン、頰、目元を集中ケア

RF美容器 EH-XR20 ¥45,000/パナソニック
[画像のクリックで拡大表示]

 美容医療やエステでも人気メニューの「RF」と「超音波」を、ホームケアで使えるようにと開発されたEH-XR20。RFのエネルギーで気になる部分をケアしつつ、1秒間に約100万回も振動する超音波で、すっきりしたラインに整えていく。この2つの技術が毎秒切り替わる「RF・超音波モード」では、年齢の出やすい口元やほうれい線、頰、フェイスライン、そして目元など、気になる部分に集中的にアプローチできる。別売りの専用ジェルや美容液を肌にのばし、下から上へ、内側から外側へと自在に動くヘッド部分をすべらせれば、1回目の使用から変化が体感できるはずだ。

密着フロート
[画像のクリックで拡大表示]
超音波
[画像のクリックで拡大表示]
RF
[画像のクリックで拡大表示]

 RFと超音波が発生する、EH-XR20のヘッド部分の「密着フロート」は、肌にぴったり沿うよう設計された独自機構。「RF・超音波モード」では、ここからRFと超音波、そして振動が出て、ハリ感のある肌へと導いていく。