「日本ワインがおいしくなった」という声をよく聞く。「日本ワイン」というラベルに付く表記規定も最近変わったというし、今の日本のワインって、これまでと何が違うの?…… と思っている人も多いはず。そこで新世代のソムリエのホープである、井黒 卓さんにASK。日々サービスの第一線に立つだけでなく、ソムリエコンクールに出場するために最新のワイン市場やワイン造りについて日々学び続けている井黒さんが、今の日本ワインについてレクチャーする。

[画像のクリックで拡大表示]

 さまざまな日本ワインがズラリとショップに並び、日本ワインを中心に扱うレストランやバーも急増中の現在。国際コンクールで賞をとるワインや、小規模ワイナリーによる少量生産ながら高い評価を得て入手困難なアイテムなどが、続々登場している。

 2018年10月30日より施行された法律により、「日本ワイン」とラベルに表示できるのは、日本国内で収穫されたぶどうを使用し、日本国内で製造されたワインのみとなった。これまでは輸入したブドウ果汁などを国内で醸造したものも同様に「日本ワイン」と呼ばれていたが、この法改正により日本ワインの質も上がり、注目も高まるといわれている。

 今回ご登場いただいた井黒 卓さんは、銀座「ロオジエ」でガストロノミーのワインシーンの第一線に立ち、国際ソムリエコンクールで活躍する日本のトップソムリエのひとり。そんな井黒さんがNikkeiLUXE読者に向けて、日本ワインの楽しみ方と極私的おすすめワインを教えてくれた。

ズバリ、日本のワインってどうなんですか?

[画像のクリックで拡大表示]

――日本ワインが国内外で注目されているといいますが、本当ですか?

 その通りでもありますし、まだこれからであるともいえると思います。 ワインといえば海外で造られて輸入されるものというイメージが強かったわけですが、身近で顔が見える国内の生産者たちを応援しようと熱狂的な日本ワインファンが年々増え、品質も上がっているために注目されています。
 一方で、一般的な海外の方からの人気が高まっているとはまだいえないかもしれません。日本ワインは小規模生産者が多く、海外に知れ渡るだけの生産量にならないのが現状です。
 日本の地ブドウである甲州のワインがアジアやヨーロッパへ出荷されていたり、ブルゴーニュの有名生産者が北海道でワイン造りを始めるなど、話題は増えており、これからがますます楽しみです。

 

――日本は、ワイン造りに向いているのですか?

 決してそうとはいえません。日本には梅雨があり、ブドウの成育期に雨をもたらします。水分が多い土壌にはカビが蔓延しやすく、病気のリスクがあります。また、小粒で凝縮しているブドウのほうがワインに向いていますが、生育期の水分はブドウの粒自体を大きくしてしまうため、放っておくと水っぽい房(ふさ)になってしまいます。
 このように、日本の気候条件下ではワイン造りは容易ではありません。しかし、だからといってよいワインができないということではありません。意識の高い生産者たちはそれを克服すべく、たゆまぬ努力と研究を惜しまず、その献身的な働きによって、素晴らしいワインが生まれているのです!

――井黒さんおすすめの日本ワイン産地は?

 山梨に行かれたことがない方は、ぜひ訪れてみていただきたいですね。都心から1時間ほどで行けますし、デートにもよいのではないでしょうか。特に勝沼や塩山などはワイナリーが密集しているため、1日でいろいろ回ることができるのも魅力です。
 品質としては、北海道のワイナリーに注目しています。自社畑比率が高いのも特徴で、契約農家から買ったブドウではなく、自ら育てたこだわりのブドウから「土地の味」を感じるワインが造られています。

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
400

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02
  • sp-in02