デザインの進化も目覚ましい、次世代ウォッチ

 アップルウォッチの登場により、その存在が広く認知されるようになったスマートウォッチ(コネクテッドウォッチとも呼ばれる)。スマートフォンとの連動や、情報性の高いデジタルスクリーンのフェイスなど、従来のアナログウォッチにはない機能が大きな話題を集めた。しかし、当初のユーザーには男性が多く、またデジタルガジェット好き向きという少し限定されたイメージだったのも事実。スタイリッシュさや高級感を求める人には、若干距離感のあるアイテムだった。

 けれども近年、モードなファッションブランドや伝統的なスイスメイドウォッチブランドがスマートウォッチ市場に参入。その大きな特徴は、アナログウォッチのようにエレガントな外見をもっていること。さらにフェイスデザインを多彩に変えられるので、複数の腕時計を持っているかのような気分を味わえるのだ。もちろんケースやストラップ、そして操作性やコンテンツといった機能面においても、ブランドの個性が反映されたこだわりが詰まっている。ハイブランドのアイテムでありながらも、アクセスしやすい価格帯が多いこともポイントだ。

 ハイテクツールは苦手という人も、アナログウォッチとはひと味違う手元を飾るファッションアイテムとして、その魅力をチェックしてみてはいかが?

Styling:Kozue Onuma (eleven.) Text & Edit:Kao Tani