デンマークの美意識をライフスタイル全体で表現するラグジュアリー・ブランド、ジョージ ジェンセン。2018年春夏の新作ジュエリーコレクション「オフスプリング(OFFSPRING)」は、ジャクリーヌ ラバンとのコラボレーションで誕生した。

愛と調和、そして永遠の絆を象徴する優美なデザイン

[画像のクリックで拡大表示]

 なだらかなカーブがエレガントな印象を与える新作「オフスプリング」。結びついた輪のモチーフが、家族やパートナー、友人との結びつきを表現、永遠に続く絆を、モダンなデザインに昇華している。素材はスターリングシルバーと18Kローズゴールドで、リングやネックレス、ブレスレットなど幅広いラインナップが揃う。

 デザインを手がけたのは、メッセージ性の高いデザインが人気を集めているジャクリーヌ ラバン。ジョージ ジェンセンとは2000年からタッグを組んでおり、現代を生きる女性デザイナーならではの、モダニズムあふれるコレクションを発表してきた。今回の新作でも、そのシンプルで優雅なデザインは、毎日の着こなしに洗練されたエレガンスをプラスしてくれる。

ジョージジェンセンジャパン
TEL:0120-190-404

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
j400_300

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02
  • sp-in02