4:厚化粧は今のうち。
 衝撃的なタイトルに会場からざわめきが。このテーマではカラーメイクを楽しむことの重要性について話し、気軽に色を取り入れられるおすすめの2品を紹介。麻生編集長からはアイライナー、アイシャドウのどちらにも使えて、大人の囲み目にもぴったりなシャネルのスティロ オンブル エ コントゥール。米川編集長はジルスチュアートのムースブロウマスカラから、ピンクがかったボルドーカラーを紹介。ニュアンスのあるピンクで透明感のある顔色になれるので、この夏は眉のカラーメイクに挑戦してみてほしいと話した。

5:成長、しなきゃね。
 両編集長が現在ハマっているという成長因子。麻生編集長は植物由来のEGF美容液、バイオエフェクトセラム、米川編集長はヒト由来のEGFクリーム、ARESステムCクリームを紹介、その効果について語った。

6:この春のポーチの中身。
 気になる編集長たちのポーチの中身を紹介。米川編集長は江原道のファンデーション、コスメデコルテのチーク、イヴ・サンローランのラディアントタッチ、バイオエフェクトやイプサ等、ジムの後のスキンケアやメイク直しにさっと使えるアイテムが盛りだくさん。麻生編集長はSPF対策が万全なポーチで、アンプルール、ロクシタン、イヴ・サンローラン、ジバンシイ等の愛用アイテムを紹介した。

7:脱・ぷよぷよ女。
 全身のバランスを保つため、大変でもエクササイズをするべき……と、定期的に運動することの大切さについて、それぞれの体験談を披露した。

 そしてここまで話したところで、あっという間にセミナーは終了の時間に。“ハマりもの10連発”の残り3つのテーマ“「ストレスですね」と言う医者はヤブ。”、“ヨクイニンブーム、来たる”、“IgE+IgA=∞”は紹介できなかったので、後日NikkeiLUXEにて公開予定だ。セミナーの最後には当日紹介したコスメの現品が当たる抽選会も行われ、大盛り上がりのうちに終了した。

[画像のクリックで拡大表示]
今回のセミナー参加者へのお土産がこちら。250名にラ・プレリーよりSCエッセンス-イン-ファンデーションサンプル、ARESよりステムCクリームのサンプル、レブロンからはレブロン カラーステイ オーバータイム リップカラーの現品を。また、ラッキーな100名にはバイオエフェクトセラムのサンプルもプレゼントされた。

Text:Kana Otsuka