[画像のクリックで拡大表示]

 毎年、夏が近づくと楽しみになるのが、各社からいただくサマーフレグランスの情報だ。とりわけ1995年より続く、イッセイ ミヤケ パルファム「ロードゥ イッセイ」の夏バージョンは、もう風物詩といってもよいほど。ゲストアーティストを迎えての限定品は、香水の域をとっくに超えたアート、コレクターズアイテムである。

 今年、起用されたのは、二人の若きフランス人アーティストTyrsa(ティルサ)とAlice Auboiron(アリス・オーボワロン)。テーマはイッセイ ミヤケの美学を支える二つのモチーフ、“タイポグラフィー”と“自然”で、「窓とその向こう側に広がる緑豊かな風景が、躍動する夏を感じさせる」デザインだ。

 ボトルを拝見して納得する。ファムもオムも、なんて清々しいのだろう。でも、ワイルドでモダン。1992年に発売された「ロードゥ イッセイ」が、2018年の気分を見事に表している。そしてこの毎夏のコラボレーションこそが、名香を過去の流行に終わらせず、いつまでもフレッシュに保ち続ける秘密なのだ。

このサマーフレグランスの全国一斉発売を記念し、両アーティストが来日。「自然へ開かれた窓」をコンセプトに、ISSEY MIYAKE 直営店(銀座・青山)および資生堂銀座ビルにて、特別ウインドウディスプレイを期間限定で実施中。
[画像のクリックで拡大表示]

期間:6月1日(金)~6月27日(水) ISSEY MIYAKE 直営店
- ISSEY MIYAKE/AOYAMA
- ISSEY MIYAKE GINZA/OMOTE
- ISSEY MIYAKE GINZA/URA

期間:5月28日(月)~7月26日(木) 資生堂銀座ビル1F ウインドウ(東京都中央区銀座7-5-5)

*アーティスト紹介と創作風景の入った日本語字幕付き映像も公開中!

https://youtu.be/-q_J_tDv6nE