フェンディのアイコニックな鞄のひとつ「ピーカブー(PEEKABOO)」が今年、誕生10周年を迎えるのを記念して、チャリティ企画「ジャパン ピーカブー プロジェクト」が実施される。これは、世界各国で選ばれた人物がピーカブーに独自のカスタマイズをし、その作品をオークションへ出品、収益の全額をチャリティ団体に寄付するという国際的なプロジェクトの一環として開催されるもの。

 今回、「世代を超えて受け継がれるアイコン」をテーマに日本で選ばれたのは、世界的デザイナーの森英恵を祖母にもち、ファッションモデルとして活躍する森星、エッセイストの安藤和津が母である映画監督の安藤桃子、そして松田優作が父、松田美由紀が母のシンガーゆう姫(Young Juvenile Youth)の3人。彼女たちがそれぞれのオリジナリティを発揮して生み出した、唯一無二のピーカブーは必見だ。

 チャリティーオークションは9月11日(火)~24日(月・祝)に行われ、期間中は銀座 蔦屋書店内 GINZA ATRIUMで開催される「フェンディ ピーカブー ~世代を超えて受け継がれるアイコン~」展内で、このピーカブー3点が展示される。また今までのプロジェクトで制作された、アデルやカーラ・デルヴィーニュら世界の著名人が手掛けた6点のピーカブーも見ることができる。さらに会場では、自分だけの「マイクロ ピーカブー」を制作するペーパークラフトのワークショップなども開催。ぜひチェックして。

フェンディ ピーカブー ~世代を超えて受け継がれるアイコン~展

日時:2018年9月11日(火)~24(月・祝) 10:30~20:30(入場無料)
※営業時間は変更になる可能性があります。
場所:東京都中央区銀座6-10-1 銀座 蔦屋書店内 GINZA ATRIUM

読者限定スペシャルイベントを開催!
「フェンディ ピーカブー ~世代を超えて受け継がれるアイコン~」展の開催を記念し、読者限定のスペシャルイベントを開催する。今回のプロジェクトに参加した、ゆう姫さんをスペシャルゲストに迎え、トークショーを開催。さらにピーカブーの歴史の紹介や、オリジナルの「ピーカブー」をバーチャルで作り出すことができるメイド・トゥ・オーダー体験も。この秋の新作もいち早くチェックできる特別な機会だ。

日時:9月12日 19:30~21:30(予定)
応募人数:10組20名様(参加費無料)
場所:東京都中央区銀座6-10-1 銀座 蔦屋書店内 GINZA ATRIUM


 応募はこちらから