ドゥ・ラ・メールの最高峰スキンケア、「ザ・ジェネサンス ドゥ・ラ・メールTM コレクション」。そのラグジュアリーな使い心地を体験できるスペシャルな読者イベントが、12月11日にアマン東京で開催された。

[画像のクリックで拡大表示]
「ザ・ジェネサンス ドゥ・ラ・メールTM コレクション」。商品は奥から時計回りに、 ザ・セラム エッセンス 30ml ¥73,000、ザ・インフューズド ローション 150ml ¥30,000、ザ・アイ アンド エクスプレッション クリーム 15ml ¥44,500/すべてドゥ・ラ・メール TEL:03-5251-3541

 ミラクル ブロスTMといえば、ドゥ・ラ・メールのファンにとってはおなじみの美容成分だろう。ドゥ・ラ・メールのスキンケア製品の主要成分であり、海藻などから成る独自の保湿成分で、物理学者のマックス・ヒューバー博士が開発したものだ。
 ミラクル ブロスTMの誕生から時を経たある日、ドゥ・ラ・メールのラボの研究者が偶然にも、ミラクル ブロスTMのビーカーの中に美しい結晶が形成されているのを発見。その結晶はなんと、ミラクル ブロスTMが高濃縮された“奇跡の成分”だったそう。それから数年にわたり何度も実験を繰り返し、ついに結晶の再現に成功。未知なる可能性を秘めたピュアでパーフェクトな結晶、クリスタル ミラクル ブロスTMが生まれたのだった。
 そのクリスタル ミラクル ブロスTMを用いたスキンケアシリーズが「ザ・ジェネサンス ドゥ・ラ・メールTM コレクション」。エイジングにともなう肌の乾燥やキメの乱れといったダメージにすばやく働きかけるラインナップは、発売当初から絶大な人気を誇っている。

[画像のクリックで拡大表示]
アマン東京で人気のブラックアフタヌーンティー。この日は12月上旬とあって、華やかなクリスマス仕様で登場。

 そんな「ザ・ジェネサンス ドゥ・ラ・メールTM コレクション」の魅力を自らの肌で実感できるスペシャルなイベントに招かれたのは、8組16名のNikkeiLUXE読者。当日は、まずは今回の会場となったアマン東京で人気の「ブラックアフタヌーンティー」を堪能。そしていよいよ、お楽しみのタッチ&トライのひとときへ。
 用意されたのは、ハリのある潤い肌へと導く「ザ・セラム エッセンス」、目元や口元に若々しい印象をもたらす「ザ・アイ アンド エクスプレッション クリーム」、肌に必要な水分と油分を補う2層式のローション「ザ・インフューズド ローション」。ドゥ・ラ・メールのコミュニケーション マネージャー、亀田ひとみさんのナビゲートに従って、それぞれの商品を手の甲や首すじで試した読者たちは「なじみがいい」「肌がものすごくしっとりして、触るのが気持ちいい」とうっとり。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉イベントは2回に分けて開催。4組8名と少人数で、アットホームな雰囲気。〈右〉シャンパンゴールドのガラスボトルも高級感にあふれ、“映え”感もばっちり。

 さらに、「ザ・アイ アンド エクスプレッション クリーム」のユニークなデザインのアプリケーターを使って、目元や口元をトリートメントするテクニックを亀田さんが紹介。冷却感のあるツールを用いての心地よいトリートメントに、読者からは「これは自宅でもぜひ続けたい」との声も。イベントの最後にはギフトとして、「ザ・インフューズド ローション」「ザ・アイ アンド エクスプレッション クリーム」、そしてドゥ・ラ・メールの名品「クレーム ドゥ・ラ・メール」のテスターセットが供された。
 この日は気温が低く、あいにくの雨模様だったが、師走の疲れも吹き飛ぶようなラグジュアリーな肌体験に、身も心も満たされる一夜となった。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉とろけるようなテクスチャーが、すっかりやみつきに。〈右〉ギフトとして用意されたテスターセット。
[画像のクリックで拡大表示]
左から、NikkeiLUXE編集長の米川瑞穂、ドゥ・ラ・メール コミュニケーション マネージャーの亀田ひとみさん、DAZZLE編集長兼NikkeiLUXEクリエイティブ・ディレクターの髙際香里。

Photos:Kazuyo Seki Editor:Kaori Shimura