ジョー マローン ロンドンから、限定フレグランス「ワイルド フラワー & ウィーズ コレクション」が登場。春の訪れとともにロンドンの街中や郊外のあちこちで芽吹く、野生の草花を表現した5つの香りだ。

[画像のクリックで拡大表示]

「ヘムロック & ベルガモット コロン」(下写真一番左)は、毒草として知られ、昔から薬にも使用されてきたヘムロックをボトルにプリント。野草がもつ神秘的なパワーとともに、ゴールデンミモザとベルガモットが春の輝きを感じさせ、キューカンバーのフレッシュさが加わった軽やかな香りだ。

いっぽう「カデ & シダーウッド コロン」(下写真左から2番目)は、肌寒さの残る春の夜に、薪ストーブを囲む憩いのひとときをイメージしたもの。スモーキーなカデにシダーウッド、バニラが深みや温かさを添える、センシュアルなフレグランス。

そしてロンドン市街に流れる運河を行き交うカラフルな船や、運河のほとりで咲く色とりどりの花々にインスピレーションを受けた「ルーピン & パチュリ コロン」(下写真中央)は、ルーピンや薔薇の華やかさに、パチョリとマンダリンが見事なコントラストを見せ、春の喜びにあふれている。

[画像のクリックで拡大表示]
ワイルド フラワー & ウィーズ コレクション 左からヘムロック & ベルガモット コロン、カデ & シダーウッド コロン、ルーピン & パチュリ コロン、ウィロー & アンバー コロン、ネトル & ワイルド アチリー コロン 各30mL ¥8,400(3月1日より限定発売)/ジョー マローン ロンドン

「ウィロー & アンバー コロン」(上写真右から2番目)は、運河沿いの歩道に育つしだれ柳の繊細さに、カシミヤ ウッド とベチパー、アンバーがセンシュアルな表情を見せる、モダンで官能的な香りだ。

そして一番独創性を感じさせるのは「ネトル & ワイルド アチリー コロン」(上写真一番右)。歩道の割れ目に生える、鋭利な棘(トゲ)をもったイラクサと、それに巻き付くノコギリソウという力強い雑草に、ベルガモットとホワイトムスクが優美さをプラス、ジョー マローンならではのひねりを感じさせる。

単純なフローラルではなく、モダンで官能的、そして意外性に満ちた「春」は、長く寒かった冬を抜け出した、この季節ならではの創造性や遊び心に満ちたもの。香りを重ねて楽しんだり、華やかなボトルを並べてブーケのように飾ったり、大切な人に贈ったり……都会に育つ自然の美しさを、心ゆくまで楽しみたい。

Text & Edit:Mizuho Yonekawa