約1年間の準備期間を経て、いよいよ3月21日(木)にリニューアルオープンを果たす「アルマーニ / 銀座タワー」。その注目ポイントと、気になる限定アイテムの数々をご紹介!

[画像のクリックで拡大表示]

日本との絆を表すコンセプトストア

 2007年にオープンし、大きな話題を呼んだ「アルマーニ / 銀座タワー」。「バンブー(竹)」をテーマとしたシックかつモダンな建物には、ジョルジオ・アルマーニ氏の日本文化に対する深い理解や、自身との親和性が随所に表現されていた。
 今回のリニューアルオープンに際してもそのスピリットは変わることなく、さらに深みを増すものに。タワーを取り巻くガラスには「バンブー」をスタイリッシュに表現したモチーフがちりばめられ、ファサード正面に輝くプラチナカラーのブランドロゴが、訪れた人をアルマーニスタイルに満ちた空間へといざなう。
 ブティック内でのもっとも大きな変化は、インテリアなどライフスタイルアイテムを扱う「アルマーニ / カーザ」が2フロアに拡大されたことだろう。ライフスタイルにも独自のデザイン哲学をもつジョルジオ・アルマーニ氏の世界観が、今まで以上に強く反映された空間となっている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
地下1階と2階で展開される「アルマーニ / カーザ」。地下2階のエントランスへは、地下鉄コンコースから直接アクセスが可能だ。ここではグラスやブランケット、カトラリーなどの限定アイテムが待っている。

 1階はアクセサリーとビューティ、2階と3階はジョルジオ アルマーニのレディース&メンズウェアのフロアに。そして4階には新たに「アルマーニ / サローネ」を設置。多目的ラウンジと、ジョルジオ アルマーニのオーダーメイドサービス「メイド トゥ メジャー」ルームがあり、アルマーニが培ってきた「ホスピタリティにあふれた究極のサービスと、最上の寛ぎ」を享受できる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
リニューアルによって、これまで以上に自然光が採り込むようになったブティック内。やわらかい光を受けたマーブル(大理石)が美しい色彩を発し、シルクの壁紙と絶妙に調和する。アームチェア、ラグ、ランプ、壁紙などは「アルマーニ / カーザ」コレクションを使用。