昨年、リニューアルオープンしたラルフ ローレン 表参道の注目スポットが、日本初上陸のカフェ「ラルフズ コーヒー」だ。ニューヨーカーに愛されている有機栽培豆を使用したコーヒーや、思わず連れて帰りたくなるグッズ、新たに登場したオリジナルアプリなど、気になるトピックが満載のカフェを紹介する。

幾何学模様を描く陶製タイルの床が醸し出すポップなムード、ゴールドの高級感とウッドのやすらぎが、ラルフ ローレンらしい世界観をつくり出している店内。
[画像のクリックで拡大表示]

スペシャルブレンドのコーヒー片手に、くつろぎのひとときを

 グリーンを基調とした、アメリカンスピリットあふれる居心地のいい空間が広がるカフェ。ラルフ ローレンが手がける「Ralph’s Coffee(ラルフズ コーヒー)」が、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シカゴ、香港に続き、東京に日本1号店をオープンした。

ラルフ ローレン 表参道の1階に位置するラルフズ コーヒー。シグネチャーグリーンのエントランスと、大きなカップ&ソーサーのイラストが目印に。
[画像のクリックで拡大表示]

 いちばんの目玉は、やはりコーヒー。ニューヨークのミシュラン3つ星レストランがこぞって扱っていることでも話題のコーヒーブランド「La Colombe(ラ・コロンブ)」が、ラルフズ コーヒーのためにブレンドしたもので、最高品質の有機栽培豆が使用されている。
 メニューはスタンダードなドリップやエスプレッソのほか、ラテやカプチーノ、エスプレッソに少量のフォームミルクをのせるフラットホワイトなどバリエーション豊富。デカフェもあり、さらに紅茶やジュースも取り揃えられている。
 サンドイッチやスウィーツなどのフードは、アメリカらしさを感じられるボリューム感がうれしい。また、ブルックリンのショコラティエ「Fine & Raw(ファイン&ロー)」による手作りチョコレートバーは、ラルフズ コーヒーのサインになっているカップ&ソーサーのイラストが描かれたパッケージが素敵で、ギフトとしても喜ばれそうだ。

 同じくイラストやロゴが描かれた、オリジナルアイテムも見逃せない。店内で使用されているマグやコーヒーカップ&ソーサーのほか、トートバッグ、ポーチなど多彩なラインナップは、それを目的に訪れたくなるデザインに仕上がっている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
店内で購入できるオリジナルアイテムの一部をご紹介。〈左〉マグ¥3,500 コーヒーカップ&ソーサー¥4,500 タンブラー¥5,500 〈右〉トートバッグ¥4,000 ジャーナル¥4,500 ペンシルケース¥3,000 ジッパーポーチ¥3,000