グランド ハイアット 東京による唯一無二のウイスキーが登場

[画像のクリックで拡大表示]
「マデュロ オリジナル ブレンデッドウイスキー」ボトル ¥63,000、グラス ¥4,200(税・サービス料別)。限定300本。限定数に達し次第販売終了。

 構想からおよそ4年の歳月を経て、グランド ハイアット 東京から「イチローズモルト」のオリジナルブレンデッドウイスキーが発売された。「イチローズモルト」といえば、「ワールド・ウイスキー・アワード 2019」のワールドベスト・ブレンデッドウイスキー・リミテッドリリース部門で世界最高賞を受賞するなど、今や世界的に評価される大人気のウイスキー。

 今回の限定ボトルは、ジャパニーズウイスキーを愛し、より多くのゲストへ届けたいという情熱を抱く「マデュロ」と、「イチローズモルト」を製造する「ベンチャーウイスキー」代表取締役社長の肥土伊知郎氏のウイスキーへの思いが一致し、実現に至ったもの。ハイアットグループでは世界初の試みだ。

 限定300本の「マデュロ オリジナル ブレンデッドウイスキー」は、世界5大ウイスキーの1つであるジャパニーズウイスキーの「イチローズモルト」に、10~20年熟成されたスコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキーをブレンド。バースタッフが実際に蒸溜所まで足を運び、試飲を重ね、「マデュロ」のためだけに特別にブレンドしてもらったものだ。その後、フレンチオークのワイン樽で3年間熟成させて完成に至った。

[画像のクリックで拡大表示]
海外から迎えたアーティストによるライブミュージックが響く、グランド ハイアット 東京のジャズ ラウンジ「マデュロ」(20時以降ミュージックカバーチャージ ¥2,000)。

「マデュロ オリジナル ブレンデッドウイスキー」は、グランド ハイアット 東京4階の「マデュロ」でボトルキープのほか、グラスでもオーダーできる。ラベルは、「マデュロ」にある大きなガラスのパーティションと同様のデザイン。上品でその佇まいも美しい。

 注がれたグラスに顔を近づけると、これまでの「イチローズモルト」のブレンデッドウイスキーにはない、プラムのような落ち着いたフルーティーさと、それを包み込む心地よい樽香を感じることができる。口に含めば、シナモンを思わせるスパイシーさと、時間とともに優しく広がるバニラのような甘さが印象的。最初はストレートで堪能した後、時間と共に花開くように変化する味わい感じながら、グラスの残りは、ウイスキーと同量の常温の水を加えるトゥワイスアップもいいだろう。より香りを楽しむことができる。「マデュロ」の成熟したイメージに重なる一本、ぜひ生演奏が響く空間でじっくりと味わっていただきたい。