世界的に高い評価を受ける「イチローズモルト」とは?

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
〈左〉ウイスキー生産に最適な良質な水と気候の寒暖差という好条件を兼ね備えている、埼玉県秩父市にあるベンチャーウイスキー。〈右〉銅製のポットスチル(蒸留器)。

 今や世界的に評価されるジャパニーズウイスキーのひとつである「イチローズモルト」。2004年に、羽生蒸溜所創始者の孫である肥土伊知郎氏が「ベンチャーウイスキー」を創業。埼玉県秩父市に蒸留所を構え、2008年より稼働した。ジャパニーズウイスキーであることに誇りを持ち、小さなミル、マッシュタン、ミズナラ製の発酵槽、スコットランド・フォーサイス社製のポットスチルで、ハンドクラフトにこだわりモルトウイスキーを生産している。

 今年3月下旬、ロンドンにて発表されたウイスキーの世界的コンペティション「ワールド・ウイスキー・アワード 2019」においても、「イチローズモルト&グレーン ジャパニーズブレンデッドウイスキー リミテッドエディション2019」が、2度目となるワールドベスト・ブレンデッドウイスキー・リミテッドリリース部門の世界最高賞を受賞した。

 価値ある希少な「イチローズモルト」を使用した「マデュロ オリジナル ブレンデッドウイスキー」。ぜひ、この機会に味わってみてはいかがだろうか。

マデュロ
住所:東京都港区六本木6-10-3 グランド ハイアット 東京4F
TEL:03-4333-8783
営業時間:19:00~25:00、金土19:00~26:00
無休
https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/restaurants/maduro-bar/

Text:Yui Togawa Edit:Mizuho Yonekawa