人工香料を使わず、1つのフレグランスにつき100種もの植物抽出エッセンスを組み合わせてつくられる「FUEGUIA(フエギア)1833」の香り。創業者であり、調香師のジュリアン・ぺデルの豊かな感性から生まれるフレグランスは、彼が愛する詩やタンゴ、自然からインスピレーションを受けたもので、南米のパタゴニアで育つ植物によってつくられている。

 そんな「FUEGUIA 1833」から、4月25日に革新的なコレクション「コレクション プーラ エッセンシア キャラ」が登場した。「プーラ」とはスペイン語で「ピュア」という意味で、なんと人工香料だけでなく溶剤も一切使用せず、原料そのままの香りが楽しめる。普通のフレグランスなら当然入っているアルコールが配合されていないため、香りが一瞬で揮発することなく、濃縮された1滴が長時間かけて優しく穏やかに広がっていくのだ。

 そして「キャラ」は、日本の香道でもおなじみの伽羅のこと。樹脂が長い年月を経て熟成されることで生まれる伽羅は希少価値の高さでも知られているが、なかでも非常に貴重な3種の伽羅を使って「コレクション プーラ エッセンシア キャラ」の7つの香りが誕生した。

 ベジタブル アンバーと伽羅を組み合わせた「キャラ アンバー」(8ml ¥64,000)、優美なジャスミンが香る「キャラ ハスミン」(8ml ¥67,000)、2種の薔薇の生命力があふれ出す「キャラ ロサ」(8ml ¥110,000)、白檀の深みを感じる「キャラ サンダーロ」(8ml ¥65,000)、落ち着きのあるブラックタバコの「キャラ タバコ」(8ml ¥91,000)、京都の宇治を訪れたことで生まれたという「キャラ テ」(8ml ¥72,000)、タヒチとインドの2つのバニラが香り立つ「キャラ バイニージャ」(8ml ¥72,000)の計7つの香りは、セットでも販売(キャラ フルセットプレミアム ¥540,000)。他の追随を許さないほど独創的でエクスクルーシブな、新時代にふさわしい香りをぜひ体感してほしい。

FUEGUIA 1833 東京本店
東京都港区六本木6-10-3グランドハイアット東京 1F ロビー内
TEL:03-3402-1833

Edit:Mizuho Yonekawa

SHARE

  • sp-fb01
  • sp-tw01
  • sp-line01
400300

forrow us この記事をお伝えした
NikkeiLUXEをフォロー
して最新記事をチェック!

  • sp-fb02
  • sp-tw02
  • sp-in02