ペルーのアマゾン川と、ベトナムとカンボジアを巡るメコン川で、ラグジュアリーなリバークルーズを展開しているアクア・エクスペディションズ(関連記事:クルーズ旅初体験! メコン川、驚きの美食と文化に触れる旅へ)。今年11月、新たに東インドネシア諸島を航海する「アクア・ブル」を就航することを発表した。

[画像のクリックで拡大表示]

 アクア・ブルのクルーズは、インドネシアの海岸線沿いに、その季節に適した地域を7泊の日程で巡り、一度に複数のデスティネーションを体験することができるというもの。 12月から2月のコースで訪れるラジャ・アンパット諸島は豊かな自然の中で、数多くの固有種含む、さまざまな動植物と出合える秘境だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 そして4月から9月に巡るバリ-コモド国立公園は、体重が100kgにもなるという世界最大級のトカゲ「コモドドラゴン」などが生息、その豊かな生態系が世界遺産にも登録されている地域。陸と海の両方で、貴重な大自然と触れ合える。

[画像のクリックで拡大表示]

 10月から11月に訪れるのは、アイボン&スパイス諸島。ナツメグやクローブの原産地として、古くから香辛料の交易が行われてきた歴史のある島で、独自の文化や伝統に触れ、野生動物や自然も堪能できる。