東京国際映画祭において、3人の才能あふれる女性たちが、自らの経験を通して女性が直面している課題などを語るトークイベント「ウーマン・イン・モーション」が第32回東京国際映画祭の特別シンポジウムのひとつとして開催される。このスペシャルイベントに、NikkeiLUXE読者専用シートを30人分ご用意。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
スプツニ子!(撮影:Mami Arai)、寺島しのぶ(撮影:渡部孝弘/提供:ホリプロ)、蜷川実花

「ウーマン・イン・モーション」のトークイベントは、ケリングがカンヌ国際映画祭の公式プログラムとしてスタートし、演者や製作者など映画界で活躍する女性たちが、男女平等のために、女性の表現などについて意見を交わす機会となっている。今年、5周年を迎えるのを記念して、東京国際映画祭会期中の2019年10月31日に、映画やアートの世界で活躍する3人の女性たちを迎え「ウーマン・イン・モーション」のトークイベントが行われる。

登壇するのは、歌舞伎界の由緒ある家に生まれ、ベルリン映画祭銀熊賞を含む国内外の数々の演劇や映画賞を受賞する女優、寺島しのぶさんと、鮮やかな色彩を用いた作品が高い評価を受ける木村伊兵衛写真賞受賞の写真家であり、ベルリン国際映画祭特別招待作品を始め、国内のみならず海外へも強い発信力をもつ写真家・映画監督、蜷川実花さん。そして、新たなテクノロジーが内包するジェンダー問題を社会的、倫理的に追及し、世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出されるなど国内外で活躍するアーティスト、スプツニ子!さんの3人。

女性が働き、生きていくということへの気づきやヒントが見つけられるスペシャルンポジウムに、ぜひご応募を。

 募集は終了しました 

東京国際映画祭特別シンポジウム「ウーマン・イン・モーション」

日時:2019年10月31日(木)18:00 開場、18:30トークイベント開演、19:45頃終了予定
会場:TOHO シネマズ 六本木ヒルズ スクリーン9
参加費:無料
定員:30人(抽選)

 募集は終了しました 

※応募締め切り:10月18日(金)